大航海時代online Boreasサーバー  マルコの航海日誌


by Nijyuurou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『商人道』

 前略、御母様。
 そちらはお変わりないでしょうか。

 私はいつも通り、元気です。

 工芸の練習をしていると、自然と取引が上手になっていきます。
 酒類の取引や、調味料の取引………家畜や、鉱石と言うのもあります。
c0124516_2213172.jpg

 様々な取引があるのですが、やはり人気が高いのが香辛料と宝石の取引ではないでしょうか。
 香辛料も宝石も、利率が高く、一攫千金を狙うにはもってこいの素晴らしい商品ですから、無理もありません。

 ですが、私が一番好きな取引は
c0124516_22123969.jpg

 やはり、食料品です。
 食料品は、ひどく地味な商品で、赤字が出ることは少ないですが、利益もたいしたことはありません。
 ですから、途中で切り捨ててしまう人も多いと聞きます。

でも、食料品は、みんなが必要なものでしょう?

 香辛料や宝石は、お金持ちのためのものかもしれないですが、食料品はお金の無い人にとっても、お金のある人にとっても大切なものです。
 そういう品物は、儲かる儲からないにかかわらず、大事にしたいな、と言うのが理想です。

 勿論、我が一族のお家芸ともいえる織物や繊維の取引は大切にしておりますので、ご安心ください。

 御母様との約束通り、火器と武器の取引には一切手を出してもいません。

 商品の運搬のために血を流さないだけではなく、戦争に荷担しないこと。

 我が家は代々商人です。
 
 死の商人と呼ばれるのは、御免です。

 商人は商人らしく、商人の道を貫いていこうと、思っています。 
c0124516_228497.jpg

ともかく、一日も早く、立派な商人になれるように頑張っています。
 辛いこともありますが、私は元気です。
 心配しないでください。

 かしこ。
[PR]
by Nijyuurou | 2008-02-27 22:13
 前略、御母様。
 そちらはお変わりないでしょうか。

 私はいつも通り、元気です。

 実はもう、マディラにはおりません。
 
 今私は、フランス西部の港町、ボルドーに来ています。
c0124516_2052597.jpg

 と、言っても、工芸の練習をやめてしまった訳ではありません。

 マディラではワインを一端加工しないと、シェリーの醸造に使うブランデーが手に入らないのですが、ボルドーではシェリーに使うブランデーと干しぶどうが交易所で簡単に手にはいるという話を聞きつけたのです。
 暖かく、過ごしやすいマディラを離れるのは残念な気もしましたが、商売の方がやっぱり大切です。


 ボルドーに来てみると、やっぱり肌寒く、ビスケー湾まで来てしまったことをちょっぴり後悔したものです。
 でも
c0124516_20522943.jpg

 交易所に顔を出してみると、噂通り商品棚にはブランデーと干しぶどう。

 これを上手く使えば、今まで以上に工芸の練習がはかどるはず。

 思い切って、ボルドーまでやってきた甲斐があったというものです。

ともかく、一日も早く、立派な商人になれるように頑張っています。
 辛いこともありますが、私は元気です。
 心配しないでください。

 かしこ。
                    
[PR]
by Nijyuurou | 2008-02-24 23:16

『マディラから』

 前略、御母様。

 貴方の娘のルチアが故郷のナポリを出て、ずいぶん経ちました。
 そちらはお変わりないでしょうか。
 
 私はいつも通り、元気です。
c0124516_015650.jpg

 今、マディラに来ています。
c0124516_0152253.jpg
 
 マディラはとても爽やかな季候で、滞在するだけで、気持ちが明るくなるような場所です。

 そして、目の前に広がる大西洋!
c0124516_0153437.jpg
 
 地中海だって、私にとっては途方もなく広い海でしたが、大西洋ともなると、どこまで広がっているのか、想像も付きません。
 ですが、この海を渡ったところに新大陸があり、その向こうにはもっと広い、マール=パシフィコという海が広がっていると言います。 
 今はまだ、とても無理ですが、いつかは行ってみたいと、そう思います。

 さて、私はしばらく前まで北海の方でレース編みの練習をしておりました。
 ところが、裁縫の次のステップに進むためにはカリカットまで行かねばならないそうです。

 ですから、今回、マディラにやってきたのは、気持ちを切り替えて、しばらく工芸の練習をしてみようかと思ってのことなのです。

 マディラでは少し変わった、甘いワインが作られています。
 幸い土地の醸造業者と仲良くなることが出来たので、そのワインの醸造を習ったり、また、特産のサトウキビからラム酒を作ったりして、過ごしています。

 おかげで、ずいぶん工芸も上達したのですが………このあたりは食べ物も美味しく、また、件のワインも私の口に合い、
c0124516_0154988.jpg
 
 少し太ったかもしれません………。

ともかく、一日も早く、立派な商人になれるように頑張っています。
 辛いこともありますが、私は元気です。
 心配しないでください。

 かしこ。
                    
[PR]
by Nijyuurou | 2008-02-22 00:15