大航海時代online Boreasサーバー  マルコの航海日誌


by Nijyuurou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

2008年 03月 09日 ( 1 )

『うつくしいもの』

 前略、御母様。
 そちらはお変わりないでしょうか。

 私は、いつも通り、元気にしています。
 
 この間は久々にナポリに帰って、御母様の顔を見ることが出来て、嬉しかったです。

 ところが、その後、ちょっと、おかしな事がありました。

 品物を売る場所を探し回るうち、アテネまで行くことになったのですが、そこの商人ギルドのおじさんから、おかしな依頼を受けたのです。
c0124516_19313683.jpg

 大理石像が、たった1つだけ。
 
 この程度の量であれば、普通に交易所で買った方が、ずいぶん安く買えるでしょうに。
 しかも、アテネの商人ギルドのおじさんは、この依頼の話をする時は妙に声を潜め、何度も何度も、注意しろ、と繰り返していました。
 ………何を注意しろ、と言うのでしょう。
c0124516_19314953.jpg

 ともかく品物を仕入れ、一路、ベイルートへと向かいました。


 あのあたりの港は、住民のほとんどがイスラム教徒です。
 
 当然、風習や習慣も違います。

 時折、ヨーロッパの服のままに入港した航海者が、住民から白い目で見られることがある、と言う話を聞いていましたので、私はいつものようにあのあたりの、髪の隠れる女性服に着替えて街に入りました。
 
 商人は人相手の仕事ですから、いくら同盟港でも、ヨーロッパの服装でずかずかとはいるのは、ちょっと失礼な気持ちがしますから。 
 それに、御母様がもともとペルシアの人ですから、娘の私だって、こっちの服はよく似合う……はずですし。
c0124516_1932676.jpg
 
 ほら、違和感はないはずです。
 
 ……ところが、街役人のところに行ってみると、
c0124516_19321798.jpg

 ちょっと失礼な感じの人でした。

 お役人なんて、みんなこんな感じかな、とも思ったのですけれど、今思うと、やっぱり態度はちょっとおかしかったと思います。

 単なる交易所の大理石像を本場の品、と言うのもおかしいですし、私を追い払うように下がれ、と言うのも、どちらかというと人目を気にして、と言う感じでした。

  
 ……後で商人ギルドのおじさんに聞いてみたところ、イスラムの戒律では、彫像の類を作ることも持つことも禁じられている、と言った話でした。
 それじゃ、密輸じゃないですか、とおじさんにいうと、いや、何、ともごもごと口ごもり、ともかく、商人ギルドの仕事だから、密輸じゃないよ、とごまかされてしまいましたが、ちょっと悪いことをしたようで、気持ちのいい話では、ありません。

 あのベイルートのお役人さんのおかしな態度も、そのあたりが関係していたのでしょう。

 ただ、宗教で禁じられていても、大理石の像が欲しい、と言う人がいるというのは、人間の欲望はどこに行っても変わりがない、と言うことでしょうか、それとも、美しいものを美しいと思う気持ちに民族は関係ない、と言うことでしょうか?

 御母様は、どう思われますか。
 
…ともかく、一日も早く、立派な商人になれるように頑張っています。
 辛いこともありますが、私は元気です。
 心配しないでください。

 かしこ。
                    
[PR]
by Nijyuurou | 2008-03-09 19:33